クリスマスギフトは アマゾンで

梅干しの漬け方ガイド!赤紫蘇と塩だけ編

梅干しを自分で漬けた事がありますか?

市販の梅干しも美味しいですがやはり自分で漬けた梅干しの味は格別です。

この記事では梅干しの漬け方を説明します。


梅干しを漬ける時期は熟した梅が出回る毎年6月中旬〜下旬頃です。来年ぜひチャレンジしてみてください!

必要な材料
  • 梅2キロ
  • 粗塩400g
  • 赤紫蘇200g
  • 漬物容器
  • 重石
  • ザル
  • 度数の高い酒
  • 霧吹き

ヨット

それでは梅干しの漬け方を説明します(๑╹ω╹๑ )

梅干しを漬けてみよう!

  • STEP.1
    買ってきた梅を追熟させる

    梅が青いままだと上手く漬ける事が出来ず仕上がりも悪くなります。室内の空いているスペースに新聞紙などで梅を広げて熟するまで数日間放置しましょう。この作業を追熟と言います。全体が黄色がかってくれば大丈夫です。完熟梅が手に入る方はそのまま使って大丈夫です。

    完熟と追熟の違い
    完熟とは木になっている状態のまま熟す事。追熟とは収穫され木から離れた後に熟していく事。一般的に完熟の方が美味しいが、完熟状態で収穫をすると輸送段階で傷んでしまうため完熟前に収穫している梅がほとんど。
  • STEP.2
    梅を洗ってヘタを取る
    大きめのボウルに入れて優しく丁寧に洗いましょう。傷がある梅は取り除いたほうが安心です。
    洗い終わったらクッキングペーパーなどで水分を拭き取りましょう。完璧に拭き取る必要はありませんのでざっとで大丈夫です。拭き終わったら爪楊枝で梅1つ1つのヘタをクルッと取り除きます。
  • STEP.3
    梅と道具を全て消毒する
    梅干しを漬ける上で最大の敵はカビの発生です。カビ防止のためにアルコールで梅と道具を全て消毒しましょう。アルコールを霧吹きなどをに入れて吹きかけるの方法が簡単です。ここでアルコール度数の低い焼酎などを使ってしまうと消毒が上手く出来ずカビの発生に繋がります。私の場合はスコッチウイスキーで消毒します。今回使ったウイスキーはラフロイグロアというアルコール度数48度のものです。

    アルコール度数35度以上の酒を使おう!


  • STEP.4
    漬物容器に梅と塩を入れる
    しっかり消毒した容器に塩を振ります。梅を重ねて塩、梅を重ねて塩。梅と塩がよく馴染むように重ねていきましょう。初めての場合はカビ防止のために塩分濃度は20%をオススメします。減塩ブームですが塩分が薄いとカビやすいのです。

    塩分濃度は20%で!

    漬物容器は金属製など梅酢に負けてしまう物以外であればなんでも大丈夫です。

    ヨット

    でもせっかく梅干しを漬けるなら梅干し風の漬物容器がかっこいいですね。
  • STEP.5
    重石をして梅酢が上がるまで放置
    梅の重さと同じ〜1.5倍程度の重量の重石を乗せて放置します。梅と塩が反応して梅酢という水分が上がってくるまで待ちましょう。
    塩分濃度さえ守ってれば2〜3日で梅が梅酢に浸かります。

    24時間経過

    梅酢が梅の上まで上がってきたら重石の重さを半分ぐらいに減らしましょう。梅が浮いてこない状態をキープ出来て入れば大丈夫です。

    72時間経過

    完全に梅が梅酢に使っている状態です。

  • STEP.6
    この状態になったらそのまま梅が浮いてこない程度の重石を置いたまま密閉して赤紫蘇をゲットするまで放置しておきます。

ヨット

疲れたから散歩行ってくるンゴ(๑╹ω╹๑ )

梅干しに赤紫蘇を投入しよう!

  • STEP.1
    赤紫蘇をゲットして洗う
    スーパーの野菜コーナーなどで赤紫蘇を買ってきましょう。
    地域によりますが6月下旬頃には売ってると思います。

    梅の量の10%ぐらい欲しいですね

    しっかり洗って固い茎はちぎってしまいましょう。洗ったらザルで干すかキッチンペーパーで水分を拭き取りましょう。


  • STEP.2
    赤紫蘇を塩で揉んでアク抜きする
    梅と同じく20%の粗塩で揉み込んでアク抜きします。塩は少しずつ加えて馴染ませていきます。力加減は結構ゴリゴリな感じです。
    アク抜きしている赤紫蘇
  • STEP.3
    遂に梅の上に赤紫蘇を投入
    アク抜きが終わったら梅酢を加えて揉みほぐします。そして梅を漬けている容器に梅を覆うように入れていきます。

  • STEP.4
    梅雨明けまでこのまま封印です
    ホコリや虫が入らないようにしっかり密閉しましょう。

いよいよ土用干し!

大切に育ててきた梅を土用干しします。天日に干す事によって余計な水分を飛ばし保存力を高めたり実をいい感じにさせたりする効果があるんです。

厳密には夏の土用は立秋(8月7日)の前18日間なので7月19日から8月6日となりますが、そんな細かい事はあまり考えません。

梅雨が明けて天気がいい日が2〜3日続く日を選んで土用干しをします。

こんな感じです!我が家はマンションなのでベランダにイスを置いてその上にザルで干してますが全然問題ありません。

とにかく日が当たればいいって感じです。1日1回裏返して満遍なく日光浴させてあげましょう。

夜も出しっ放しにする方法や昼だけ出す方法があります。私の場合は虫とか夜露とかなんとなく苦手なので日が暮れたら室内に入れます。

2〜3日の土用干しが終わったら梅酢に戻して保管するなり、別の容器に保管するなり好きにしてください。

3ヶ月ぐらい経つと塩の角が取れていい感じに食べれる梅干しの完成です。

梅干し完成


こんな感じになりました。まだ若いけど十分美味しいです。
これから数ヶ月で塩の角が馴染んでどんどん旨味が増してきます。

オクラにも合います

イワシの梅煮の作り方はこちら
イワシの梅煮の作り方!簡単レシピをザーッと説明します 梅みそ湯豆腐の作り方はこちら
梅みそ湯豆腐をつまみに一杯飲もう!

こんなの面倒でやってられないアナタへ

通販で出来上がった梅干しを買っちゃいましょう。
ネットでポチッとするだけで美味しい梅干しが自宅に届きます。

ヨット

梅干しの漬け方をザーッと説明したので詳しい方法は各自ググってください。じゃあまたね。