そろそろ梅干しの季節です

利用規約

プライバシーポリシー

制定日:2020年6月3日

同情するなら酒をくれ(以下「当ブログ」)は、お客様の個人情報をお預かりするにあたり、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築します。
当ブログは個人情報に関する法令を遵守し、個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底し、個人情報の適切な取扱いと保護を推進致します。

個人情報の取得

当ブログは、適正に個人情報を取得いたします。

個人情報の管理

当ブログは、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的

当ブログは、個人情報を以下の目的のために利用いたします。

  • 当ブログからのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当ブログは、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

  • お客さまの同意がある場合
  • お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
  • 法令に基づき開示することが必要である場合

個人情報の安全管理

当ブログは、個人情報の漏えい・紛失防止のため、また正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し

当ブログは、保有する個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

当ブログに掲載されている広告について

当ブログは、Googleアドセンスログリー等、複数社の広告を配信しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するために、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
また広告配信に関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。

当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて

当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをご覧ください。
当ブログの個人情報の取扱に関するお問い合せがございましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。

運営者:ヨット(@toyo_afi

お問い合わせはこちら

免責事項

制定日:2020年6月3日

同情するなら酒をくれ(以下「当ブログ」)は、ブログ運営にあたり、以下のとおり免責事項を定めます。

情報と責任

当ブログ上に掲載されているすべての情報及び内容は、当ブログの利用で起きたいかなる結果について保証するものではありません。一切責任を負わないものとします。リンク先の参照等に関しても各自の責任とします。

著作権と引用

当ブログは著作権法に関する法令を遵守し、著作権保護の重要性の認識と取組みを徹底し、著作権の適切な取扱いと保護を推進致します。当ブログは著作権の侵害を目的とするものではなく、当ブログが使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。
当ブログは著作権法第三十二条を遵守します。「公正な慣行に合致するものかつ正当な範囲内」という条文に従い、引用に際して5つの自主ルールを定めます。

  1. 引用の必然性がある場合に限る事
  2. 引用部分を記事の主としない事
  3. 本文と区別し引用部分を明確化する事
  4. 引用は改変しない事
  5. 引用した場合は出典元を明らかにする事

第32条
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。
引用:Wikipedia

当ブログに記載されているすべての情報及び内容(本免責事項含む)は予告無く修正、変更する事があります。

運営者:ヨット(@toyo_afi

お問い合わせはこちら